税理士の仕事とは?
中小企業の経営者の皆様が顧問税理士に求めるものは何でしょうか?
私は、税理士として、経営者から信頼され、企業の発展に貢献できる経営参謀のような存在でありたいと思っています。会計帳簿や申告書の作成などの作業は、AIに任せることもできる時代になりました。これからは、税理士業界としても、より一層、コンサル的なサービスが求められていくこととなるでしょう。コンサルティングといっても様々な領域がありますが、私は、「財務」「会計」「税務」という企業のお金に関する問題をトータルでサポートできる存在でありたいと思います。無理な節税をすすめて資金繰りを悪化させては、本当の意味でクライアントのためにはなりません。資金調達や資金繰り改善に関するアドバイスをさせていただき、クライアント企業と共に成長していくことが一番の願いです。どうか、よろしくお願いいたします。